ITパスポート試験

ITパスポート試験は、独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センターが実施している、経済産業大臣認定の国家資格です。
ITパスポート試験は、平成21年度以前は、初級システムアドミニストレータ試験という名称で実施されていましたが、平成21年度移行名称が変更されています。
現在のような大量の情報が氾濫している高度情報化社会においては、大量の情報を迅速に処理する能力がすべての業界において不可欠な能力となっており、コンピュータを操作できるだけではなく、情報処理についての正しい知識・能力も必要とされています。

今後、我が国が国際社会において、名誉ある地位を獲得するためには、国民一人一人が高度な情報処理能力を持つことが必要であると考えられています。
そんな中で、日本のITリテラシー向上とIT人材の裾野拡大のため、ITパスポート試験がスタートしました。これから職業人になろうとする学生、入社後間もない若年層の方々を始め、すべての国民が対象となっているITの入門的な資格となっています。
ITパスポート試験に合格した後は、基本情報技術者などの資格にステップアップすることが推奨されています。

MOS

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)は、いわずと知れた、あのマイクロソフトが認定するパソコンの資格で、MOSと呼ばれることもあります。
ワードやエクセルなどの、基本的な操作から応用まで、できるようになり、世界中ですぐに役立つ非常に役に立つ実践的な資格です。
どこの会社でも、ワードやエクセルを使うことは多いですが、それを使いこなせる人というのは非常に少ないのが現状です。
ですから、ワード、エクセルを使いこなすことができる能力は非常に重要ですし、高く評価されます。
会社でなくても、個人でもワードやエクセルを使う機会は多いので、とりあえず取得しておくということも十分効果的だと思います。
これからますます、ワード、エクセルを使う機会は多くなりますし、それを使いこなせる必要性もそれに伴い必然的に大きくなってきます。これからの時代、何をするにしても必須の資格といっても過言ではありません。

Contents

PR

更新履歴

2017.12.5 サイト更新

2016.3.30 サイト更新

2015.9.1 サイト更新

2014.7.1 サイト開設